白血病とは

白血病は血液の三大悪性腫瘍と言われるほど有名な病気です。
骨髄の中の造血幹細胞ががんになることによって発生することが特徴的ですが、この造血幹細胞ががんになることによって血液に異常をきたします。
造血幹細胞で生成される白血球や赤血球、血小板などの数字に異常が出るので血液検査を行えばかなり容易に診断する事ができます。
がんが発生すると血液内の白血球の量が増加して正常な血液細胞である赤血球や血小板などが以上に減少します。
白血球は体内に入ってきたウイルスなどと戦うための機能をもつので、正常な状態ではそんなに多くありません。
この白血球が異常な増加をすることから白血病という名前が付いています。

白血病には二つの種類があります。
骨髄性のものとリンパ性のものが主な種類とされています。
日本の白血病の割合は80%が骨髄性のものとなっていて、リンパ性のものはたった20%となっています。
この二種類のものからさらに急性のものか慢性のものかと細かく分類されてきます。
種類は単純ですが、がんであることから治療はかなり難しくなってきます。しかし、決して完治しないということはないので根気強く治療することが大切になってきます。
治療方法は抗がん剤治療が主な治療方法となってきます。

白血病の原因は放射線の被曝が代表的なものとされています。放射線は遺伝子に変異をもたらしてしまうので、白血病の代表的な原因として挙げられます。
遺伝子の異常により、がんが発生することから、ダウン症候群などの遺伝子異常をもつ方も白血病になりやすいと言われています。
遺伝子の異常から発生するので、予防方法などが確立されていません。このことから早期発見を行なうことが大切になってきます。

診断方法

白血病の診断方法は血液検査と骨髄検査で判断されることが多いです。血液に多くの影響が出るがんなので、多くの方がまずは血液検査を行ないます。血液検査でも判断できなかった場合は骨髄を調べることによってより正確な判断が出来ます。

この記事の続きを読む »

白血病になった場合は

白血病になってしまった場合は、長期の入院を余儀なくされます。さらに、抗がん剤治療の影響で、不妊などになってしまう場合もあるので、卵子や精子などの保存を抗がん剤治療の前に行なっておくことが望ましいと考えられています。

この記事の続きを読む »

治療の方法

主な治療方法は化学療法である抗がん剤による治療となっています。急性の白血病でも慢性化している白血病でであってもこの治療方法は変わりません。化学療法の他にも造血幹細胞などの移植という治療方法もあります。

この記事の続きを読む »

予後と生存率

完治することが可能ながんである白血病ですが、急性白血病の生存率は50%から60%とされています。病気になってしまう年齢によっても生存率が変化するので、そのことを知っておくことが大切になります。

この記事の続きを読む »