白血病になった場合は

完治することが出来るようになった白血病ですが、現在でも多くの患者さんが病気と戦っています。
闘病生活を送っても白血病は再発する可能性が高く、発作を繰り返すようになったら完治はどんどん難しくなっていまいます。
そのため、生きたいと強く思いながら、病気と闘うような状況も考えなければなりません。
このように、多くの方が毎日自分の死と向き合いながら病気と戦っています。
白血病と診断された場合は、最後まで戦いぬく覚悟を持ちましょう。
不治の病とされていた時期もあった白血病ですが、ちゃんと完治するということを理解し、病気と戦うことが完治には一番大切なことだと考えられています。
患者の家族も本人と同等、もしくはそれ以上の覚悟を持って患者を支えていかなくてはなりません。
覚悟を持ちながら、治療を受けていくことが重要になってきます。

白血病の治療には化学療法である抗がん剤治療がもっとも効果的だと考えられています。しかし、抗がん剤は様々な副作用を及ぼしてしまいます。
その中でも完治した後に関わってくるのが、不妊の症状です。抗がん剤治療を行なうと薬のせいで、女性の場合は妊娠しにくい身体になってしまう場合があります。
なので、治療が終わってから妊娠、出産を考える方は卵子や精子の保存をしておく必要があります。
このように治療後のことを考えて、様々な取り組みを行いながら治療を受けなければなりません。